CALENDAR  ENTRY  COMMENTS  CATEGORY  ARCHIVE  LINK  PROFILE 

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
この冬はなんだかとても長く感じました。
特に後半は、誰かしらが体調を崩していて、ちょっときつかったなぁ。
今日はぽかぽか日和で、花子ちゃんが草ぼうぼうの庭を半分ほどきれいにしてくれました。
たっくんも抜いた草を入れるビニール袋を花子ちゃんの近くまで運ぶお手伝いを・・・笑。



ちょっと耳にした『重松 清』さんの本を見つけて読んでみました。

『きみの友だち』

花子ちゃんがね、3学期の後半にいろいろあってしんどい思いをしました。
2学期は本人が問題あって困りましたけれど、3学期になって元の花子ちゃんに戻り、やるべき時にはきっちり物事に取り組んでいました。
それが今度は、周りの困った渦に巻き込まれてしまって辛い想いをいっぱいすることになってしまって・・・。
私は事の次第を毎日聞いていたので、どのタイミングで学校に知らせようかと考えていたら、ちょうど良いところで自然と先生に知れることになり、ずいぶん助けて頂きました。
相手の子たちに対しては、基本的に先生方にお任せしていたのですが、あまりに分かっていない様子にたまりかねて、直接三人を(たまたま機会があった)玄関に並べて懇々と話したりもしました。
「本当のところ、花子ちゃんのことどう思ってんの?」
「あんたらの言う友達って、何なん?」
「本当の友達っていうのはな・・・・・・・云々」
「正直に生きるのって楽やで?」
「チクるのと相談するのとは意味が違って、花子ちゃんは母親の私に相談して心を楽にしてはったのよ。だからあんたたちもしんどいことがあったらお母さんに話しなさいよ。」
なんとなくでも分かったような子が二人と、まったく分かっていなくてそれ以上に私の話を逆手に取るようなことを次の日に花子ちゃんに言ってきた子が一人。
本当にアホらしくなって、そのことも先生に伝えました。
花子ちゃんもその子とのやり取りの中で会話にならないことに気が付いて、辛いとか悲しいとかいうよりもうんざりして来た様子。

「人間いろんな時があって、誰だってちょっとおかしな時期もあるやろうけど、そういう子が近寄ってこない自分になりなさいよ。」
こんな風に言っておくしかないですよ。
本当の友達が寄ってくる人に、お成りなさいね。
本当の友達は人生の宝物だからね。


人とのお付き合いって難しい。特に『女』はそうかな?
友達なんだけど、大なり小なり駆引きをしている関係が多い。
何も考えないで素のままの自分を見せられる人って、そう何人もはいませんよね。
そんな人とも、近い距離にいられるわけじゃなかったりして・・・。
だけど折に触れその人を思い出しては、励みにしたり支えにしたりちょっと連絡してみたりして繋がっていられれば、それでも十分な気がします。
こどものこと comments(0) -
太郎くん、13歳になりました。
少し声変りもしてきて、ちょっと青年になりました。
私の愚痴めいた話にも嫌がらずに耳を傾けてくれて、とてもありがたい存在になってきました。
もちろんお年頃らしくご機嫌斜めのときもありますが、そこはたっくんがうまく和らげてくれているように思います。
最近は花子ちゃんとあまり関わらなくなってきて、ちょっと前までとても仲が良い兄妹だと思っていただけに残念でなりません。
ま、塾の先生が言うには「そういう時期」なんだそうで、どこの兄妹にもあるらしいんですけど・・・。
少しずつ改善できるように工夫してみようかと考えています。


さて、プレゼントは特に欲しいものがないのだそうで・・・。
スパイクだって必要な時に買ってるものねぇ。
それよりなにより、歯の治療に大きなお金が必要となりますからそれで良いかな?ってことで(笑)
『障害見舞金』というものが頂けるかもしれないのですが、とりあえずは立替払いになりますからね。
保険内で治せばお金の心配はいりませんが、お見舞い金が頂けるのであればちょっとでも良い物を使っておきたいなと思って、保険外の補綴物に決めました。
なんと言っても、三本ですからね。
千葉のおじいちゃんおばあちゃんからは、フルーツが届きました♪
きっと歯のことを考えて選んで下さったんだろうなと・・・。
太郎くんに届いたものだとは分かっていないので、たっくんが大喜びで食べております(笑)
こどものこと comments(0) -
太郎くんがねぇ、歯医者通いをしております。
なぜかというと、下の前歯が三本、ぽっきりと折れたから。
なぜ折れたか・・・友達が振り回したほうきの柄が当たったから。
なぜ友達はほうきを振り回したか・・・太郎くんがしつこくちょっかい掛けて怒らせたからとほほ

まったく、なにを考えてんねん!!  って話です。
情けないわ。

忘れることのないように、治療しないで放っといたろうかと思いますけど、そうもいかないので通院しています。
根っこはしっかりしているということで、はみ出してしまった神経を抜いて、かぶせるんだそうです。


怪我をさせたってことで、ご両親揃って謝りに来て下さいましたが、なんだかアベコベな気がしています。
見た目が大そうなもんだから、学校の先生たちも心配して下さいますが、そもそも阿呆なのは息子の方なので、申し訳ないばっかりです。

なんだか、考えれば考えるほど腹立ちます。
こどものこと comments(0) -
寒い日が続いていますが、みなさまお元気でしょうか。
我が家では、太郎くんが生まれて初めてのインフルエンザにかかってしまいました。
そして私と花子ちゃんとたっくんは鼻づまりが・・・。
毎日帰宅が遅いパパだけは元気です。
太郎くんの熱が上がったのは今朝ですが、ありがたいことにもう微熱にまで下がりました。
太郎くんだけで済みますように・・・・・・・。


最近はすっかり反抗期のたっくん。
見事に「〜ない!」と、反対のことばっかり言います。
あまりにも頑固に言い張るので、しまいにこちらが可笑しくなってきて笑ってしまうのですが、本人は大真面目なんだから可哀そうですよね。

そんなたっくんがハマっているのは、『トンネル』です。
お正月にたけおじさんからもらった車を、なんとかして自分の股の下にくぐらせようと必死です。

この車、自動で動いたりもするんですけど、たまたまソファの下なぞに入って出てきたりすると、もう大喜びです。
近所の踏みきりでも、右側から電車が来て左側のトンネルに入って行くのを見て「とんねるいったねー!!」。
いつも買い物に行くスーパーの立体駐車場でも、かなり手前から「とんねるいくの?」と興奮気味だし(笑)

そこで、太郎くんが小さい時に使っていた『BRIO』を出してあげました。

太郎くんはあまり遊ばなかったのに、たっくんにはドンピシャリです。
いまでは、自分で好きにレールをつなげることも出来ます。
レールのないところも走ります。
ミニカーも並んで走ります。
ナゾなのは、積み荷?を「きしゃぽっぽのおぼうし」と思いこんでいること。
長く遊ぶようならば、もう少し増やしてあげようかなと思います。
こどものこと comments(0) -
ここ数年、太郎花子にいただいたお年玉は一部だけお小遣いとして持たせて、あとはそれぞれの口座に貯金していました。
が、今年は太郎くんも花子ちゃんもずっと欲しいと思っているものがあって、お年玉の範囲で買えそうだったので、思い切って自由に使ってよいことにしました。

太郎くんはPSPというポータブルゲーム機とソフト。
え!?まだゲームすんの? って感じなんですけれど、一応やることはやってるし好きにさせてみようかなと思いました。
花子ちゃんはウォークマン。
この子に持たせても、すぐに壊してしまったり失くしてしまったりするんじゃないかと思うんですけど、音楽聴くのが好きなのは悪いことじゃないし、かと言ってリビングのステレオだとお兄ちゃんが「うるさい」って言うし・・・。
お友達が来たときにも部屋でみんなで聴けるようにスピーカー付きにすることを条件に、買っても良いことにしました。
まだ一人では使い方をマスター出来ないから手伝うんですけど、正直ややこしくって私にもよく分かりません(汗)
アナログな自分を実感・・・。
年々、いろんなことについて行けなくなっているというか、ついて行こうとさえ思わなくなってきています。

と言いつつ、携帯をスマートフォンに替えようかなと検討中♪
たっくんでさえ、パパのスマホをそれらしい手つきでなぞってたりするので・・笑。


*****

近頃のたっくんは、私に叱られたりするとお兄ちゃんやお姉ちゃんのところに逃げて行くようになりました。
「おにいちゃん あっこっ」って。
太郎くんにはしっかり徹底出来たことが、たっくんには全く出来なくて、もちろん一人目と三人目の違いなんでしょうしそれはそれで良いんだろうけれど、ちょっと先が不安です。
花子ちゃんが言うには、よそのおうちよりかは厳しくしているように見える らしいんですけれどね。
厳しいかどうかということより、「良いこと悪いこと」の基準をちゃんと分かるようになってほしいんですけど・・・。
こどものこと comments(0) -
あ〜、もうすぐ2学期もお終いですねぇ。
子供たちが学校に行っててくれるとホッとする部分もあるけれど、休みで家に居てくれたら、それはそれでたっくんが楽しそうなので見ている私も楽しい。
ただ、「お腹いっぱいにさせとく」のが大変なだけ(笑)

大掃除?もちょっとずつ頑張っています。
たっくんが横でコチャコチャ絡んでくるから、掃除をしていても孤独感がなくて楽しいです。


さてさて、今日は太郎くんがマラソン大会で、なぜかサッカー部は練習が休みなんだとかで早くに帰って来まして・・・。
足の痛みに耐えながらもマラソンを頑張ったみたいで、午後から行った三者面談でも先生が褒めて下さったので、ご褒美にハーゲンダッツのアイスを買ってあげたんです(笑)
そうしたら、いつものように「こり(れ)、あ〜ん♪」って横から欲しがるちっちゃい子がいたんですけど、太郎くんはさすがに惜しいもんだから「これはね、あたまがキーンってしていたいんだよーー」って。
だけど覆い被さるようにおねだりしているのが可哀そうだったので、最後の一口くらいはあげなさいよということで、たっくんには「ぼく まってるー」って言ってごらんと教えると、「こぶ まってるー」ですって。
『ぼく』って言えないんです!
何回教えても、「こぶ」って。よくても「こぶく」。
そういえば、パパも小さい頃こうだったって聞きました。

他にも、たっくんは繰り返す発音がちょっと苦手?
ピカピカ は カピカピカ
ビシャビシャ は サビシャビシャ
ボサボサ は サボサボサ
いつまでこうなんだろう・・・。



数か月ぶりに、自分のために雑誌を買いました。
『リンネル』を読みふける2才児。
アイメイクのページでは、「め いたいね〜びっくり」。
お料理写真のページでは「おいししょうもん おいししょ〜〜♪」
こどものこと comments(2) -
先日、「次々と事件が・・・」と書きましたが、ちょっとだけ・・・・・・・。

花子ちゃんは現在4年生なのですが、どうやら学級崩壊のような状態になっているのではと・・・。
この前の授業参観は二クラスを三つの少人数に分ける科目で、先生も担任ではなく、特におかしな様子は見られなかったのですが、毎日花子ちゃんの話や先生に対する思いを聞いていると、かなり難しい感じがします。
太郎くんが5年生の時も担任と子供たちがうまくいかなくてちょっと大変だったのですが、今回はその時以上かも?
ちょうど反抗心が出てくる時期でもありますが、ちょっとした先生の一言で反発心をむき出しにしてしまって修復出来なくなってしまう。
先生だって人間だからうっかり失敗もするだろうけれど、子供たちは許せなかったりする。
相性もあるんだろうけれど、子供たちが『正義』というものを勘違いしているように思えてなりません。


先生に対して向かっていくだけならば、まだどうにでもなると思うんですけれど、子供同士の間も変てこな雰囲気になっています。
「どうしてそんな考え方になるの?」と言いたくなるようなことを、平気で堂々と言い放ちます。
いちいち一々、説いて聴かせるんですけれど、同じようなことの繰り返しばかりです。
その時その時で状況は違うのだけれど、結局は同じことを説いていることに、いつか気付いてほしい。
この前なんて、現行犯逮捕?でよその子まで叱り飛ばしました。(二度目の発見だったので)


学校のような小さな社会の小さなルールも守れなくて、どうやって大きな社会の中で生きていける?
人づきあいには最低限のマナーがあるんだよ。
嫌いな人を無理に好きになろうとしなくても良いと思うけれど、誰にでも心があるのだからそれを無視するような言動は許せないんだよ。
嫌いなのは仕方ないかもしれないけれど、だからって何を言っても何をしても良いわけじゃないんだよ。
「嫌い」と思っていても、しばらく付き合っていくうちに新しい発見があったり気が合うようになったりするんだけどなぁ。


ちょっと先生とお話しできる機会があったのですが、やっぱりずいぶん悩んでらっしゃる様子。
何人かのお母さんと喋ってても、それぞれにおうちで、機会あるごとに出来る限りの話しをしているんです。
なんでこんな風になってしまったのか、よく分からないのですが、多くの大人が同じ方向を向いていれば、きっと子供たちも気付くよね?
こどものこと comments(0) -
そろそろ年賀状のことを考えねばと思うのですが、もうひとつやる気の出ない私です。
次々と事件が起こりまして・・・少々くたびれておりますが、家の中が気まずい空気になってしまっても中和してくれる可愛らしい人がいるので、ずいぶんと助かっています。

だけどその可愛らしい人、可愛らしいだけじゃなくって2歳児らしくわがままも言うようになりまして、現在事件を持ちこんでくるお二人よりも将来大変なことを運んで来そうで、ちと恐れてもおります(笑)

最近よく言う言葉・・・
「じぶんでやー(る)からっ」
「だーぃころ(だいどころ)いってっ」(台所大好き)
このくらいなら良いんですけど、「あっこ(だっこ)」とか「とってー」なんていう小さな要求を、最初からグズグズモードで言うんです。泣き真似のような感じで。
これにはうんざりするので、「かわいくゆって?」と言うと急に高い声になって「あっこ♪」って言いなおすのですが、その豹変ぶりがさっぱり理解できません。

一人前の会話も出来るようになってきました。
うんこちゃんが出そうな体制で立ち尽くしていたので、「トイレに行こうか?」って誘うと「いかない、といれ・・」と。
しばらくしてからもう一度、「行く?トイレ?」と言うと「やだっ」と完全拒否。
問いかけに対して反対の返事をしたのは、この時が初めてでした。
あとはね、いつも電車が見えるところを車で走っていたのですが、その時は電車がなかったんです。そうしたら「どうしよっ!でんしゃこないねぇ」ですって。
毎日新しい小さな一言で笑わせてくれて、それをネタにまたみんなで笑って・・・。
本当にありがたい存在です。

ピョンピョンと両足そろえてのジャンプも出来るようになりました。
階段の一番下の段だけ跳んでも良いことになっていて、ジャンプしてきては得意気に「ぴょんっ(し)たー」と報告してくれます。
誰かの後をついて行くときもジャンプしていたりして、これまた可愛らしい♪

お手伝いもブームのようです。
玉ねぎの皮むきをしてくれます。

掃除機をかけるのに物を動かしたら、後でもとに戻しておいてくれたりもします


いつまでもこの調子でいてほしいものです。

*****

太郎くんがおそろしく食べるようになりまして、毎日何を食べさせたらいいのか分からなくなってきました。
お弁当箱も大きくしました。
帰宅すると、まず台所に行く。
おやつ食べて、すぐ夕飯を食べて、お風呂入ってまた何か食べて・・・。
目の前の食べ物がすぐに消えてしまうんだそうな。
おにいちゃんが台所に向かうと、必ずたっくんも付いて行きます。
「あーん」って、分けてもらおうと思って・・・。
本当だったら『ごはんの時間』と『おやつの時間』を決めたいのですが、もうあきらめました。

*****

もうすぐ小学校では発表会があります。
花子ちゃんの学年は『ごんぎつね』をやるのだそう。
一部分、ピアノを弾くことになりました。
まー珍しいことに、毎日ピアノの練習をしております!
伴奏が足引っ張ったらいけないものね。

たっくんもピアノで遊びたいので、椅子の取り合いになります。
た「どーいてよーー」
花「ちょっと待ってっ!」の繰り返し。
花子ちゃんには何をしても許されると思っているのか、わがまま放題のところがあるんです。
もう少し姉としての威厳を持たないと・・・・・??
こどものこと comments(0) -
太郎くんの右足が、痛いとこだらけです。
6年生の頃からたびたび踵が痛むと言っていたのですが、中学生になってからは右ひざが痛むようになってきて、「さすがにこれはおかしいと思う」と本人が言うので、2週間ほど前から整骨院に通っています。
『オスグッド』ということで、成長期にスポーツをやっている中でよくあることなんだそうです。
それに加えて、先週土曜日の試合の後に右ももが張るって言い出して・・・。
昨日整骨院で診てもらったら、肉離れなんだそうです。

そもそも太郎くんは、身体がカタイ!!
これまでもずっと言ってきたことなのですが、やっと「これではいけないかも」って気が付いたみたいです。
ボチボチですが、夜にストレッチをするようになりました。


そして花子ちゃんは、ずいぶん前ですが足の親指の爪が剥がれそうなのに気が付いて・・・。
下の爪が少しずつ成長してきているので、大丈夫だと思うのだけど。
お医者さんには行っていないのですが、これって自然に剥がれてくるのよね?
こどものこと comments(5) -
16日、たっくんが2才になりました。

良くも悪くも「2才ってこんなんだっけかな?」と思うのですが、「まぁこんなもんかな」と軽く考えてお仕舞に出来るのが3番目(笑)
3人の中では一番体は小さいですが、やることは一番大胆でちょっと危険なくらいです。
その反面、よその人の前では大人しくて黙り込んでしまう。
授業参観に行っても、しばらくの間はちょっと下向き加減でしずか〜にしているし、スーパーでも知らない人に話しかけられると途端に黙ってしまいます。
「わきまえている」と言えばそうなんだけど・・・笑。


ちょっと気になっていることがあります。
私の記憶力が低下している?こと(笑)
太郎くんの時はいろんなことを忘れまいと思っていて、いまでも愉快な出来事をたくさん思い出せるし、花子ちゃんのことだって可愛らしかった表情もよくよく浮かんでくるんですけど・・・。
子供が3人いれば毎日いろいろあるわけで、それぞれの話を聞いたり、それぞれのことを心配したりしていると、容量の少ない私の脳では追いつかないんですよねぇ。
そもそもたっくんは、やることなすこと言うことがいちいち面白すぎるんですよ。
ここに書いておこうと思っても、うまくまとめられない情けなさ。(毎日書けば良いんだけども)
太郎花子が、ポイントを押さえて覚えていてくれることを期待して・・・・・。


千葉から、早々にプレゼントが届きました。
車3台付きのキャリアカー。

「おっきい!」だの「いっぱい!」だのと、大喜びしています。
部屋のあっちにもこっちに車列があって、掃除をするのにいったん片付けようとすると怒るんですよ。
気が向けば、自ら片付けてくれるんですけどね♪
タイヤを見つめる目は真剣です。
明日、電車に乗って出掛ける予定なんですけど、こんなに乗り物に夢中になってからは初めての電車です。どんなになることやら。

最近は装具もおもちゃになっておりまして、昼間でも履かせてくれと言います。
マジックテープで遊んだり、膝立ちで歩いてみたり、寝そべって振り回したり・・・。

大きくなるにつれて嫌がるもんだと思っていたのですが、こんな子もいるんですねぇ。
シングルベッドに一緒に寝るのは本当につらくなってきたので、パパには布団敷いて寝てもらうことにしてベッドを奪い取ろうかと企んでいます。
こどものこと comments(2) -
<< | 2/9 | >>